HEADLINE

RANKING

【シャドバ】12月29日アップデート時のゲーム環境の調整について正式に発表。カードの能力やコストの変更はなし。現状の先攻後攻の勝率はほぼ一緒。など

  • 13

https://shadowverse.jp/news/important/news-0098

2016年12月29日に予定しておりますアップデートに先立ち、ご利用のお客様に、ゲーム環境の調整ならびにカードの変更の方針についてご説明いたします。

■アップデート概要
・カードの能力やコストは変更いたしません
・《根源への回帰》を分解したときに得られるレッドエーテルの個数を、800個から本来の250個に戻します

■ゲーム環境の調整ならびにカードの変更の方針について
Shadowverse運営事務局は、ユーザーの対戦データを分析し、より良いゲーム環境にするため、必要に応じてカードの能力を変更することがあります。

今回のアップデートに向けてデータ分析を続けた結果、カードの能力やコストは変更する必要がないという結論に至りましたので、経緯をご報告いたします。
Shadowverse運営事務局は、ランクマッチで使用されたすべてのデッキを分類し、デッキタイプごとの使用率や勝率をランク別に集計し、分析しています。デッキはキーカードによって「《冥府への道》エルフ」「《次元の超越》ウィッチ」「アグロヴァンパイア」「《エイラ》《セラフ》ビショップ」などのデッキタイプに分類されます。
データ分析では以下の点に注目しています。

・極端に使用率の高いデッキはないか
・(特に高ランクにおいて)極端に勝率の高いデッキはないか
・クラスの使用率に極端な偏りはないか
・先攻後攻の勝率に極端な偏りはないか

2016年12月現在、すべてのランクにおける対戦データを分析して、以下の結果を確認いたしました。
・極端に使用率の高いデッキはないこと
・極端に勝率の高いデッキはないこと
・クラスの使用率に極端な偏りはないこと
(※先攻後攻の勝率については後述いたします)

Shadowverse運営事務局は、お客様からのカードの能力に対するご意見やご要望をいつも拝見しております。例えば「《冥府への道》と《次元の超越》は強すぎる」「《エイラの祈祷》のコストを変更すべき」といった内容です。ご意見の多いカードを軸としたデッキについて注目して分析した結果、Master Pointランキング上位のユーザーを含む、いずれのランクのユーザーが行ったバトルにおいても、他のデッキタイプと比べて極端に高い勝率ではないことを確認しております。そのため、今回のアップデートでは、カードの能力やコストの変更を行わないことといたしました。

カードの強弱は、ゲーム環境に大きく依存するものです。「スタンダードカードパック」だけのときに強すぎるというご意見の多かったカードのうち何枚かは、「ダークネス・エボルヴ」が追加されたあと、そのようなご意見が挙がらなくなりました。まずは「バハムート降臨」が追加された新しいゲーム環境をお楽しみくださいますと幸いです。

「Shadowverse運営事務局はカードの変更をしたくないのではないか」というご意見もありますが、まったくの誤解です。これまで2回行ったカードの変更によって、極端に勝率の高かった「《冥府への道》エルフ」デッキを適正な勝率にいたしました。今後もデータ分析を続け、新しいゲーム環境において問題が発見されれば、カードの能力やコストを変更することに躊躇いたしません。変更を行う際には、事前にお知らせするとともに、分解したときに得られるレッドエーテルの個数を変更することによって補償いたします。

また「よく使われるクラスとあまり使われないクラスがあって、バランスが悪い」というご意見もあります。Shadowverse運営事務局は、最近のランクマッチにおいてクラスの使用率に極端な偏りがないことを確認しておりますが、一方で「RAGE vol.3 Shadowverse」といった大型大会でのクラス使用率に偏りがあることも認識しております。Shadowverse運営事務局は、このようなクラス使用率のデータを参考にしながら、より多くのクラスやデッキが活躍するゲーム環境を目指して新カードパックを開発しております。「バハムート降臨」が追加された新しいゲーム環境では、クラス使用率のバランスがより改善されることを想定しております。

■先攻後攻の勝率について
先攻後攻の勝率のバランスについてご説明します。2016年12月現在の対戦データを分析した結果は下記の通りです。
・ランクマッチ全体での先攻の勝率:約49%
・Masterランクでの先攻の勝率:約47%
・2Pick全体での先攻の勝率:約45%

ランクマッチ全体での先攻後攻の勝率は、バランスが取れております。Masterランクのような高ランクになるほど後攻がやや有利という分析結果になっておりますが、極端な偏りはありません。
また、2Pickでは後攻が有利という分析結果になっておりますが、「バハムート降臨」が追加されて2Pickのゲーム環境が新しくなれば、先攻後攻の勝率のバランスは改善されることを想定しております。今後も特に2Pickの対戦データを注視し、必要に応じて追加の調整を行います。

■《根源への回帰》を分解したときに得られるレッドエーテルについて
9月30日のアップデート時より行っておりました、《根源への回帰》のコスト変更にともなう補償対応期間は、12月29日のアップデートにて終了いたします。アップデート後、《根源への回帰》を分解したときに得られるレッドエーテルの個数は、800個から本来の250個に戻ります。あらかじめ、ご了承ください。


現状追加で調整する気配があるのは2Pickの先攻後攻問題のみということですね。実際にバハムート降臨のカードが追加されてからどんな環境になるのかが注目です。

最新情報

PICKUP

RELATED ENTRY

COMMENT

1.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 07:33:07

超越はナーフしとけよ…勝率の問題はあるかもしんないけど、特定のデッキをほぼ100で潰すようなのはダメでしょ

2.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 08:07:34

エイラの勝率が極端に高くなくてもあのカードが与えてくるストレスは尋常じゃないからなぁ

3.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 09:02:16

はーまたテミスに怯えながら戦う日々か

4.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 09:11:33

勝率だけの話では無いのだが

5.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 09:39:58

勝率がどうのとかいう話じゃなくて超越ウィッチというデッキタイプが存在しているだけで8ターン目までに決めれるようなデッキ作んないと問題の超越とマッチングしたときほぼ100%負けんの。
だからどのデッキも8コスト以上の強力なはずであるカードを基軸に採用したデッキが作れない、勝つための脳死アグロしかやること無くなってんだよ。戦術がどうこうの前にデッキ構築の段階から幅狭めてるってわかんねぇのか。

6.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 10:03:05

勝率データだけじゃ分からないこともあるって事が理解できないのかなこのクソ運営は

7.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 10:27:25

ほぼ100%とか盛りすぎ。実際超越使ってて8T以内に発動できるのは7割、使ってそのまま勝ちきる体制整えるのは5.5割くらいだわ。

8.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 10:41:43

アグロにボロ負けする代わりにコントロール軒並み食い潰してるんだからそら勝率だけならトントンだろうよ
そういう問題じゃねえよ馬鹿じゃねえの

9.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 10:41:47

全体じゃなくてコントロールと超越の対戦データとれよ
ほぼ間違いなく超越のせいでコントロールが減ってアグロが増えてるんだぞ
そんな構築にすら影響与えてるカードに調整がいらないわけないだろ

10.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 10:57:34

運営やる気ねえんだなって…
「ダクネスには問題あるけど、大きい問題じゃないし新パック追加して環境変わるから
何もしません様子見します」
それ言っていいの細かく調整やってる実績のある所だけでしょ

11.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 11:16:39

超越が消えてアグロが活躍できなくなったら今度はそれで文句言うんですね。わかります

12.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 12:17:05

馬鹿か
下手くそなc、b帯まで含めたらそりゃいろんなモノが同じくらいになるに決まってんだろ
マジで頭悪いな運営は

13.名無しさん@シャドバ速報2016.12.29 12:59:22

超越もエイラもナーフ賛成だけど、超越はまだコスト調整と処理の兼ね合いを取る分頭使うから、負けてもあんまイライラしない。
エイラは体力Max時0回復とか言う謎システムの所為で、クッソイライラする。
後冥府とアグヴァ挙がってたけど上の二つと比べると見劣りするのは俺だけかな。