HEADLINE

RANKING

【シャドバ 最新情報】次回アップデートが9/30に決定。またアップデートに伴い、「根源への回帰」が5マナから7マナへ変更。観戦機能の追加など

  • 2

https://shadowverse.jp/news/important/news-0059

9月30日にアップデートを予定しております。
今回のアップデートでは、下記の機能追加と修正、カードのコスト変更、仕様変更、カードテキスト変更を行います。

<機能追加と修正>
■第2弾カードパック「ダークネス・エボルヴ」の追加
ゲーム内に新カードパック「ダークネス・エボルヴ」を追加いたします。
「ダークネス・エボルヴ」では新たに109枚のカードが登場します。

■観戦機能の追加
ルームマッチの観戦機能を追加いたします。
ルームIDを入力することで、該当のIDで行われているルームマッチを観戦できるようになります。

■フレンド対戦申請機能の追加
ルームマッチでルームを作成した際にフレンドを招待する機能を追加いたします。
招待されたフレンドには、端末に通知が届くようになります。

■お気に入りカード機能の追加
カード一覧/生成で特定のカードを「お気に入りカード」に設定する機能を追加いたします。
「お気に入りカード」に設定することで、誤ってレッドエーテルに分解しないように保護することが可能となります。

■対戦相手ID表示機能の追加
対人戦でのバトルメニューで対戦相手のIDが表示されるように変更いたします。

■チュートリアルクリア報酬の変更
チュートリアルクリア報酬を下記の通り変更いたします。

<変更前>
・スタンダードカードパックチケット×2
・ルピ×100
・レッドエーテル×400

<変更後>
・スタンダードカードパックチケット×10
・2Pickチケット×3
・ルピ×100
・レッドエーテル×400

■各種記念チケット配布の終了
9月30日 23:59に各種記念チケットの配布が終了いたします。
スタンダードカードパックチケット 計12枚
2Pickチケット 計3枚

■《収穫祭》の分解時に得られるレッドエーテル数の変更
《収穫祭》を分解した際に得られるレッドエーテルを下記の通り変更いたします。

<変更前>
200個(ノーマル版)/200個(プレミアム版)

<変更後>
50個(ノーマル版)/120個(プレミアム版)

これにより、《収穫祭》のコスト変更にともなって一時的に実施していた補償対応を終了いたします。

■2Pickデッキ作成時の掲示カードの変更
カードパック「ダークネス・エボルヴ」の追加に合わせて、2Pickでデッキ作成時に掲示されるカードを変更いたします。
・掲示されるカードに「ダークネス・エボルヴ」のすべてのカードを追加
・掲示されるカードから「スタンダードカードパック」「プライズカード」の一部のカードを削除
・カードが掲示される確率を調整

<カードのコスト変更>
■一部カードのコスト変更
《根源への回帰》のコストを5から7に変更します。
詳細は「9月末アップデート時のカードのコスト変更について」をご確認ください。

<仕様変更>
■特定のカードを組み合わせたときの仕様変更
相手の場にカードが5枚あり、自分の場に「ホーリーメイジ」がいる場合に、「詠唱:神域の守護者」をプレイして自身のファンファーレ能力でカウントダウンが0になったときの仕様を変更いたします。

(変更前)「ホーリーメイジ」の「自分の場にアミュレットが出るたび+1/+1する」能力が働かない。
(変更後)「ホーリーメイジ」の「自分の場にアミュレットが出るたび+1/+1する」能力が働く。

ユーザーの直感と、実際のカードの挙動を一致させるための仕様変更です。

<カードテキスト変更>
カードの能力に変更はありませんが、より分かりやすくするために以下のカードのカードテキストを変更いたします。

■光の道筋
■タムリン
■レイジングジェネラル
■メタルガーゴイル
■ランページジャイアント
■ソウルディーラー

※本掲載内容・日時は、予告なく修正を行う場合がございます。

https://shadowverse.jp/news/important/news-0057

9月末に予定しておりますアップデートにともない、カードのコスト変更を実施いたします。アップデートに先立ち、ご利用のお客様に、変更の内容と経緯をご説明いたします。

■概要
2016年9月末に予定しておりますアップデート時に、以下の変更を行います。
・エルフクラスのゴールドレア《根源への回帰》のコストを5から7に変更

変更にともない、9月末のアップデート以降、期間限定で《根源への回帰》を分解したときに得られるレッドエーテルが800個になります。

■変更の経緯
8月15日に実施したアップデートにて、後攻の1ターン目のみターン開始時に引くカードが2枚になるルール変更と、《収穫祭》のコストが2から4になるカードのコスト変更を行いました。

参考:8月アップデート時のルール変更とカードのコスト変更について
https://shadowverse.jp/news/important/news-0029

ルール変更の理由は、先攻の勝率が高い問題への対応です。カードのコスト変更の理由は、前述のルール変更によって《冥府への道》エルフデッキが強力になりすぎる問題への対応でした。

これらの変更の影響についてお伝えします。9月8日~9月11日のユーザーの対戦データを集計した結果、
・ランクマッチ全体での先攻の勝率は約49.6%
・ランク別に集計しても、すべてのランクにおいて48%~51%の範囲内
・すべてのクラスにおいて、先攻と後攻の平均勝率の差が、8月15日のアップデート前と比べて縮小

となり、2016年9月現在の先攻後攻の勝率はバランスがよいと考えています。

一方、《冥府への道》エルフデッキについては、ランクマッチ全体の勝率やAAランク以下の勝率に問題はないものの、Masterランクのユーザーが行ったバトルの勝率が約54.4%と高く、かつ、一部のクラスに対する勝率が65%を上回るなど突出して高いという問題が明らかになっています。

Shadowverse運営事務局は《冥府への道》について、「相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ」という能力は非常に強力であるものの、「自分の墓場が30枚以上なら」という条件を満たすまでの道のりが充分に困難である限り、《冥府への道》のコストや能力に変更の必要はないと考えています。
エルフクラス以外の《冥府への道》デッキが、《冥府への道》の能力を働かせるために必要な労力は、能力の強さに見合ったものであり、エルフクラス以外の《冥府への道》デッキに問題はないと考えています。このことは、ユーザーの対戦データから得られた各クラスの《冥府への道》デッキの勝率からも確認されています。

《根源への回帰》は《冥府への道》エルフデッキでよく採用されているカードです。《冥府への道》デッキは、劣勢になったとき、《冥府への道》が働くまで時間を稼ぐ必要がありますが、このときに強い効果を発揮しているカードが《根源への回帰》です。

《根源への回帰》はフォロワーを手札に戻すという能力の特性上、コストの高いフォロワーを使用するデッキに対して特に強力で、困難であるべき《冥府への道》の能力が働くまでの道のりを、あまりにも平坦にしてしまいます。これによって、一部のデッキや戦術がゲームから閉め出されてしまう危険があります。
これは、競技的な高いランクでのバトルにおいても、多様なデッキや戦術が活躍するゲーム環境を目標とするShadowverse運営事務局の希望ではありません。

また、《根源への回帰》がバトル中盤から複数のターンに渡ってプレイされた場合、対戦相手はフォロワーを戻され続けて手札が上限枚数に達し、新たなカードを引けなくなることもあります。引けるはずだったカードが失われることはユーザーの期待を裏切る出来事であり、ゲームの楽しみを阻害します。ユーザー自らカードを引く能力を使って手札が上限枚数に達することはありますが、相手がプレイした《根源への回帰》によって手札があふれる状況を強いられるのは、このカード特有の過剰なストレスだと言えます。

《根源への回帰》は能力に対してコストが低いため、ゲーム環境に不健全な影響を与えていること。また、バトル中盤から複数のターンに渡って《根源への回帰》がプレイされるのは、対戦相手に大きなストレスを与えること。以上の2点が問題であると考え、以下の変更を行います。
・コスト5→コスト7

■《根源への回帰》の変更にともなう補償について
今回の変更にともなう補償として、9月末のアップデート以降、期間限定で以下の対応を行います。
・《根源への回帰》を分解したときに得られるレッドエーテル
ノーマル版:250個 → 800個
プレミアム版:600個 → 800個

レッドエーテル800個は、《根源への回帰》と同じレアリティであるゴールドレアのカード1枚を生成するために必要な個数です。こちらは主に、《根源への回帰》を生成したものの、コスト変更によって別のカードを生成したいというユーザーに向けての対応です。

この対応は、9月末のアップデートから次回以降のアップデートまでの期間限定であり、期間が過ぎますと元の個数に戻ります。詳細な期間は、追ってお知らせいたします。

なお、8月15日のアップデート時より行っておりました、《収穫祭》の変更にともなう補償対応の期間は、今回の9月末のアップデートまでとなり、《収穫祭》を分解したときに得られるレッドエーテルは元の個数に戻ります。ご了承ください。

これからも、Shadowverse運営事務局は、ユーザーの対戦データを分析し、より良いゲーム環境にするために、必要に応じてカードの能力を変更していきます。その際には、事前にお知らせするとともに、分解したときに得られるレッドエーテルの変更によって補償を行います。

 

エルフ最新情報アップデートエルフナーフ弱体化根源への回帰

PICKUP

RELATED ENTRY

COMMENT

46.名無しさん@シャドバ速報2016.09.17 13:39:15

チュートリアル報酬の増えた分はチュートリアル終わった人でも貰えるのかね?

49.名無しさん@シャドバ速報2016.09.21 14:06:05

欲しいなあ